Our Coffee Beans

Kieido(キエイドー)の、コーヒー豆について思うこと
Kieidoの願い
後味の良い、優しいコーヒーを提供するために

Kieido の願いは本当に美味しいコーヒーと出会っていただくこと。

これまでコーヒーを飲めなかった方に「このコーヒーなら飲める」と言っていただくことが最大の喜びです。ミルクや砂糖を入れてコーヒーを飲んでいた方から「このコーヒーならミルクを入れなくても飲めるかも」と言っていただけるコーヒーをご提供できるように、日々努力をしております。

Kieidoでは、生豆の産地、精製方法、品種にこだわり、個々の生豆が持つポテンシャルを最大限に引き出せるように最適な焙煎度合いで焙煎をしております。Kieidoクオリティを維持するために、ハンドピックも欠かしません。

Kieidoはすっきりと口当たりの柔らかい、優しい味のコーヒーにこだわっています。抽出はネルドリップですので、トゲトゲしい苦味やえぐみ、渋味とは無縁の世界です。深煎りでもすっきりと爽やかなKieidoブレンド、クリーンな酸味と優しい甘味が特徴のDr.(ドクター)ブレンド、まったりと 柔らかいめざましブレンドの3種類のブレンドを日替わりでお飲みいただけます。

気分・好みで選ぶ、Kieidoのコーヒー
宝探しのような気分で選んでください
コーヒーは自分の日課。日に3回は飲んでます。

コーヒー党のあなた。私も同じく。朝起きたとき、休憩の時、一日を振り返るとき。
飽きないコーヒーの味であればKieidoブレンドが個人的にはおススメです。
まろやかさと程よい苦み、香りのバランスが極上のKieidoブレンド。
ブラジルのコク、コロンビアのフワッと広がる香りと
鼻に抜けるグァテマラの爽やかな香り。
牛乳との相性も抜群で、カフェオレに最適です。
感想を是非お聞かせください。

違いの判るオトナになりたい。

知っていますよ。あなたがウンチク王なこと。
コーヒーには、語りたくなる「何か」がありますね。
産地によって、製法によって、煎り方によって。
全然違うんです。
Dr.(ドクター)ブレンドはその中でも、語れば「へえー」と言われるような、
個性とストーリーがあります。
エチオピアの華やかな香りをメキシコの柔らかい甘味と
ブラジルのコクで包み込みました。
是非一度、農学博士の店主にウンチクを聞きにいらしてください。

長く運転する彼に、私が淹れたコーヒーを差し入れたい♡

愛ですね。
多くは語りませんが、そんなご主人や彼にオススメなのは
深入りのコロンビアでしょうか。
ポットに入れても負けない風味と強さがあります。
あなたのような、甘みも少し感じられるかも。
恋の相談も、お店に来た際にはちらりとしてみてください。

スイーツのおともには、やっぱりコーヒーよね。

今日はあのお店でスイーツを買ったんですね。
そんなときには、スイーツに合わせたコーヒーはいかがでしょうか。
ちなみに生クリームに合うコーヒー豆は中煎りのブラジルなんです。
チョコレートに合うコーヒー豆もあるんです。
気になってきましたか?店頭でお待ちしていますよ。

コーヒーの苦手な彼女と一緒にコーヒーを飲みたい。

彼女がコーヒー苦手なんだよね。そんなあなた。
Kieidoで最も優しい味のコーヒーはメキシコ·オアハカ·オーロラ農園です。
柔らかい甘味のあるコーヒーです。
このコーヒーなら、きっとコーヒーの苦手な彼女も
あなたと一緒に飲んでくれるはずです。

味の強いコーヒーがいいな。

強めのコーヒーが好きなあなたにはやっぱりマンデリンですかね。
しっかりとしたコクと程よい苦み、それでいてあくまでもクリーンな味わい。
10年前のただ苦かったマンデリンとは、明らかに品質のレベルが違います。
一度はお試しください。

ゆったりと落ち着いた午後を過ごしたい。

毎日あわただしく過ごしているあなた。頑張っているあなた。
たまには自分にご褒美をあげてみては?
エチオピア・イルガチェフェ・ベレカはとっても豊かな香りと味わいなんです。
ゆったりと味わいながら、気分をリラックスさせてみてください。
明日からまた、頑張れそうな気がしますように。

とにかく今、リフレッシュしたい!

集中して何かをしていると、休憩も必要ですよね。
グァテマラ・アンティグアはフルーティーな香りが鼻を吹き抜け、気分も一新。
強めの味が、気分を引き締めます。
さあこのコーヒーを飲んでもうひと踏ん張り!
というときに飲んでみては?

気分よく目を覚ましたい!!

そう。気分よく目を覚ましたいときにはめざましブレンドを飲んでみてください。
優しさの中にしっかりとしたボディがあり、個性的な香りに目覚めの気分は最高です。
これまでコーヒーの苦手だった方にもお飲みいただける、優しいコーヒーです。
個性の強いケニアにタンザニアをぶつけることで風味がバランスよく調和し、それをブラジルのコクが支えています。
まったくコーヒーが飲めなかった方はカフェオレで試してみてください。

贅沢なひとときを味わいたい。

たまにはいつも買うものよりも、少し奮発してグレードアップした豆を飲んでみたい。Kieidoの豆の中でも最も高価なケニア・マサイ。
これはもうピカイチなコーヒーです。
誰に出しても誇れる味と香りです。
自分だけでひそかに味わうもよし、自慢しながら飲むもよし。
とにかく一度、味わう価値はあると思いますよ。

そういえば、昔キリマンをよく飲んだよね。

過去にキリマンジャロの名で有名だったタンザニア。
その味は今も健在です。ツンと弾ける香りと独特なコク。
懐かしさの中に進化した新しい味の発見があるかも。

特別なひとときのために。

特別な人と特別な時間を過ごしたい方のための特別なコーヒー。
マンデリンのボディ感とエチオピア·イルガチェフェの華やかな香りの至高のハーモニーをお楽しみください。
スペシャルブレンド44はあなたの特別な時間を演出いたします。

コーヒー豆の保存方法
最後まで美味しく飲んでいただくために
豆の保存方法

豆の場合

Kieidoでは冷凍庫での保管をオススメしております。

Kieidoの焙煎豆は焙煎後3~7日で十分な芳香を放ちます。焙煎後5日程度経過していれば、開封後すぐに密封容器または密封性の高いチャック袋に入れて冷凍保存することをオススメいたします。使用時に冷凍庫から出したら結露しないように素早く計量し、冷凍庫に戻してください。丁寧に保管すれば、3カ月程度は鮮度を維持できます。

粉の場合

開封後はできるだけ速やかに密封容器または密封性の高いチャック袋に入れて冷凍保存してください。
冷凍庫から出したら結露しないように素早く計量し、冷凍庫に戻してください。
冷凍保存をしても鮮度が落ちていきますので、できるだけ早くお飲みください。

美味しい抽出方法
ペーパードリップを使った、ご自宅でおいしく淹れるヒミツをお教えします
      1. 新鮮なコーヒー豆をご使用ください。できれば挽きたてがオススメです。
        一般的には中挽きですが、マイルドなコーヒーがお好きな方はほんの少し粗目にすると苦みが和らぎます。
      2. ドリッパーにペーパーフィルターをセットします。
        ペーパーフィルターは白色のものをお使いください。
        未漂白のペーパーフィルターは紙の匂いがコーヒーに移りますのでご注意ください。
      3. コーヒー豆を適量(1杯分130mlのコーヒーを抽出するのに12~15g、2杯分の時には10g増量してください)をペーパーフィルターに入れ、表面を平らにします。中央に爪の先ほどの窪みを作り、準備完了です。
      4. お湯の温度は重要です。
        90~92℃を推奨する方もいますが、Kieidoでは83℃をオススメしております。
        温度計がない時には、やかんからコーヒーポットへお湯を注ぎ、もう一度やかんに戻します。
        再びコーヒーポットにお湯を戻していただくと、おおよそ85~90℃くらいになります。コーヒーポットをお持ちでない方は、やかんからコーヒーサーバーへお湯を注ぎ、もう一度やかんに戻します。
        この操作をもう一度繰り返していただくとおおよそ85℃くらいになります。
      5. コーヒーの粉の中心部から「の」の字を書くように外側へ向かってチョロチョロとお湯を注ぎます。
        ペーパーフィルターにお湯がかからないようにご注意ください。
        ポタポタとドリッパーの穴から数滴落ちてくる程度でいったんお湯を注ぐのを止めて、30秒間蒸らします。
        新鮮な豆の時にはハンバーグ状に膨らみます。
      6. 再び中心部から「の」の字を書くように外側へ向かってチョロチョロとお湯を注ぎます。
        ここでもペーパーフィルターにお湯がかからないようにご注意ください。
      7. コーヒー抽出液が適量になるまで3~4回に分けてお湯を注ぎ、
        サーバーにお湯が残っているうちに(粉上の泡が浮いているうちに)サーバーからドリッパーを外します。
        ドリッパーの中の液が落ちきってしまうとアクが出て、苦みや渋みの素となります。
      8. コーヒーカップにコーヒーを注いで完了です。